ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

中古ピアノのデメリットとは?

中古ピアノのメリットは安いことですが、デメリットは選び方が大変難しく中古品ならではのリスクもあるということです。

しかも内部のメカニズムの調整が省かれている中古ピアノが大半なので、弾き難く、特に筋肉がまだ未発達なお子様が弾くには不適当な中古ピアノが大半のように思います。

後で高額な修理費用がかかることがあります

あまり知られていないことですが、新品から30~40年も経過するとピアノの弦を巻きつけているチューニングピンと呼ばれるピンが緩んできて、俗にいうズルピンになり、調律が短期間で狂うようになってきます。

これは調律をしてからしばらく様子をみないとわからないのですぐに判断がつきません。

ズルピンになると、弦を外してピンを一回り大きいものに交換する必要があるので、その際、弦も新しいものに交換します、作業効率が悪いので一度お預かりしますが、その際の往復の運送費等も勘案するとこれだけで優に25万円以上の費用がかかります。

チューニングピンと弦を新しく交換した弊社展示のヤマハ中古ピアノ


この際ハンマーやフェルト類も新品に交換するとアップライトでも50万円以上の仕事になります。※ピアノの消耗部品はハンマーやフェルト類、弦です。

ハンマーを新品に交換した弊社展示のヤマハ中古ピアノ


ただ、ここまでやると同型の新品ピアノより性能的には魅力的になります、その理由は木は古いほど固く強固になるので、古い弦楽器が高く評価されるのと同様に古いピアノも楽器としてより魅力的になります。

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから


株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary