ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

新品以上に性能の差が出る中古ピアノ

中古ピアノは外装の傷修理や内部の錆取りから始め、本来の性能まで回復させるには、以前の環境や演奏者の癖がついているので、整調と整音も新品の何倍もの手間(コスト)がかかります。

しかし販売価格を安くするために、わかりやすい外装はともかく、内部の調整や整音が省かれているので、弾き難く表現力の劣る中古ピアノが大半ということが大きな問題です。

そろそろ消耗部品の交換が必要ななピアノも多く、さらに新品から30~40年も経過するとピアノのチューニングピンが緩んできて調律が短期間で狂うようになってきます。こうなると何十万円単位の修理費が必要になります。








弦とチューニングピンの交換作業(ヤマハGP)


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから






株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary