ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの寿命について考え方

ピアノは本格的なオーバーホールさえやれば、優に100年以上の使用が可能ですが、考え方として消耗部品(弦、ハンマーフェルト類)が劣化した時を寿命するか、あるいは消耗部品の交換と必要な修理をして長く使うかの二つの考え方があります。

YOU TUBEでもご案内しています

一般に古いピアノは性能的に劣ると考えられていますが、厳密にいえばこれは間違いで古いピアノは調整不足に加え消耗部品が劣化しているので性能(音色やタッチ)が劣るわけで、古い弦楽器と同じでピアノ本体は古いピアノの方が鳴りが良く性能的には魅力的になります。

鉄やプラスティックは経年劣化していきますが、木は年数が経過すると固くで強固になるという特性があるので、ピアノも弦楽器と同じように古くなるほど楽器としては魅力的になります。

ですので古いピアノも消耗部品を高級な新品に交換すると、同型の新品よりも魅力的なピアノになります。

ただ、最近は消耗部品が交換できる技術者が少なくなって、交換する工賃も高くなってきているので、そのコストを考えると悩ましい問題と云えます。

最近は昔、娘に買って上げたピアノを「今度は孫が使うので必要な修理と調整をして下さい」という爺、婆からのご依頼を毎月1台ほど頂く様になりました。

今度はお孫さんが使います(整調・調律・整音と修理で約15万円)

ブッシングクロス(赤色)も新しく張り替えました

論より証拠ということで、1967製のヤマハのU1の黒の塗装を剥いで木目にして脚をストレート脚から猫脚にして、弦(独、レスロー弦)フェルト類、ハンマー(独、アベル)に交換してフルレストア、イタリア製の椅子を付けてみました。
これだけやるとお値段は約80万円になります。

消耗部品を全て高級品に交換し丁寧に整調・調律・整音しました。




中古ピアノのメリット・デメリット

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary