ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

無料資料、個々の詳しい内容のご案内です!

弊社ではピアノの性能を大切にお考えの方を対象に、独自の無料資料3点をお送りしていますが、個々の資料の詳しい内容をご案内します。

YOU TUBEでもご案内しています


№1 ピアノよもやま話(小冊子) 
 主な目次
〇ピアノは8千個の部品が使われいる
〇性能向上のために必要な調整の重要性
〇良く調整されたピアノで練習すると表現力が向上
〇最近のピアノの生産事情
〇日本の国内事情
〇中古ピアノの問題点
〇トップの顔が見えるメーカーを  等20項目 全46ページ
 
メディアやネット上で公開できないメーカーや業界の裏話や矛盾点も豊富に掲載、これまでのメーカーやブランド・販売店に対する認識も変わりピアノ選びが明確になります。


№2
 ピアノの調律とメンテナンス  DVD(25分)
 日頃目にすることのない出荷調整(納品前にメーカー又は販売店が行う整調・調律・整音)を動画でご紹介しています。
 
本来の出荷調整には手間(新品で約3日間、中古品はその倍以上)がかかるので、今ではコスト削減で1千万円クラスの高級ブランドでも輸入元で数時間の出荷調整と納入後も販売店が行う短時間の調律だけで済まされています。

ですのでいかに高級ピアノであっても本来の性能の7割も発揮していないのではないでしょうか、具体的な調整や整音作業を知ると、これまでのピアノという楽器に対する概念が大きく変り解決策も見えてきます。
 


№3  ピアノ聴き比べCD  CD(61分)
良く調整されたペトロフP131(UP)、ディアパソンDR-300(GP)ボストンGP-178(GP)ペトロフPⅣ(GP)スタインウェイA-188(GP) を浜松ピアノ店の店頭で演奏・収録しました。


 
それぞれのピアノの特徴が出るように選曲しましたが、比較のためショパンの協奏曲はどのピアノも同じ部分を弾いています。
 
収録した作曲家
ショパン、ラフマニノフ、ベートーベン、ドビッシー、ラヴェル、ブラームス、全18曲 
 
演奏者 田中節夫 プロフィール
桐朋学園大学卒業後、西ドイツ・ハノーヴァー国立音楽大学を経て、パリ・エコールノルマルにて演奏家資格を取得、2001年文化庁からの派遣でパリで3ヶ月の研修、現在、山陽学園短期大学教授



無料資料のご案内ページはこちら

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary