ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

最近の中古ピアノ事情は? №2

前回は中古ピアノ不足で業者の買い取り(仕入れ)価格が高騰してきて、しかも程度の良い中古品は少なくなっているという情報をお伝えしましたが、これを一度リセットしてから丁寧な調整してから整音をするには新品ピアノの倍以上(1週間ほど)の作業時間が必要になります。

調整や整音作業をコスト換算すると20万~30万円のコストが余分にかかりますが、中古ピアノは安くなければ売れないので、特に難しいのは絶対単価の安い40万~50万円のアップライトの中古品です。

業者側からすると高い仕入れ価格(買い取り価格)の中古ピアノに外装磨きや修理以外に、丁寧な調整と整音を施してから40~50万円で中古のアップライトを販売すると原価販売か原価割れになってしまいます。

そのような事情から業者が中古ピアノの販売で利益を出すためには、特に安価な中古ピアノは丁寧な調整や整音が省かざるを得ない業者側の事情もあります。





ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

 無料資料の詳しいご案内はこちらから


 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary