ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

調整されたピアノを試弾しないと試弾の意味がない

たとえ新品のピアノでも調整・調律・整音をしっかりやらないと本来の性能(音色やタッチ、表現力)が出ません。

しかし大手メーカーのショールームでさえ調律だけで展示されているので、せっかく試弾してもそのピアノが持つ本来の性能や魅力を知ることが出来ず、本来の特性と異なった間違ったイメージをもたれることが多いように思います。

大金を出してピアノを購入する以上、好きな音色やタッチのピアノに出会いたいというのが人情ですが、ここ押さえておかないと間違います。

良い音色のピアノと云っても人の好みは千差万別なので、自分の好みを上手く調律師に伝えて、ご自身のピアノ部屋の音響を踏まえ最終的にピアノを自分の好みの音色やタッチに仕上げてもらう必要があります。

さらに納入後のメンテナンスもそれを繰り返せば、最終的に手離せないピアノになると思います。その意味でピアノは素材であり、それを自分の好みのピアノに仕上げるべきで、そのような意味で弊社ではピアノはイージーオーダーの楽器と考えています。

そのようなピアノという楽器の特性(調整・調律・整音が必須)を良く理解しないと、いろいろなブランドのピアノをいろいろな場所で試弾を繰り返しても自分にドンピシャの美しい音色のピアノには出会えないように思います。





















ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary