ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノはなぜ丁寧な調整が必要なのか?

グランドピアノのメカニズム
写真はスタインウェイのフルコンサートピアノの鍵盤、アクション、ハンマー



木とフェルトで構成された複雑なメカニズムを持つピアノは、部品が一体化して動くのでそれらの収縮や歪みの修正と丁寧な擦りあわせ調整作業が必要です。

これはいかに高級ピアノでもあるいは高級ピアノほど、快適な性能を求めるなら調律師の手作業による丁寧な調整が、伸縮や歪みが多い新品時はもちろん、日頃のメンテナンスでも必要です。

音程を合わせる調律の必要性は理解されても、手間がかかるメカニズムの調整(新品の出荷調整で3日間)の必要性を理解されていないので、大概のピアノは新品時から調整が省かれています。

ホールのピアノの定期メンテナンス風景

保守点検 年1回メカ二ズムを初期化して正常な状態に戻す作業(2日間)


ピアノの性能を大切にお考えの方限定で、資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから


株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary