ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ペダルのコイルバネと板バネの雑学

普段は見ることがないアップライトのペダルのバネ、今はコイルバネと金属パイプが一般的ですが、ヨーロッパのピアノは今でも木の棒と板バネが使われています。

スタインウェイは木の棒と板バネが使われています


同じくペトロフも木の棒と板バネが使われています

ヤマハ、金属のパイプにコイルバネが使われています


板バネと木の棒VS金属パイプとコイルバネの違いは?

どちらでもピアノの性能に直接的な影響はありませんが、しいて言えば金属パイプは共鳴して雑音の原因になることがあり、板バネは、コイルバネに比較して、ペタルの踏む圧力(反発力)が一定しているメリット(ハーフペダル使用時)があります。

ただコイルバネと金属棒はコンパクトで取り付けも簡単で、コスト的にも有利というのが採用の大きな理由だろうと思います。

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary