ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

エピソード② 安価でも高級ピアノより魅力的

先生がドイツ製の1千万クラスの有名ブランド使っていて先生から同じピアノを強く勧められたので地元の特約店で同ブランドを試弾されてから弊社に来店された方がおられます。

弊社でドイツの老舗ブランドのフォイリッヒ(中国で委託生産、約150万円)を試弾されてドイツ製の高級ブランドよりも弾いて気持ちが良いということでフォイリッヒを購入頂きました。



これだけの価格差があっても丁寧に調整をすると、調整が不十分な高級ピアノより弾いて気持ちが良いピアノになるというお話です。

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取