ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

オーバーホールには松竹梅とあります

程度の良い中古ピアノか新品のピアノに買い替えをお考えの方も多いのですが、最近は実家にある古いピアノをリニューアルしてご自身の娘さんに使わせるという方も増えてきました。

しかし一言にリニューアル(オーバーホール)と云っても、どこまでやるかで予算も大きく変わってきますが本格的なリニューアル(外装の再塗装を含めて全ての消耗部品を新品に交換)をしてから丁寧に調整を施すと、古いピアノは味わい深く新品以上に魅力的な響きや音色になります。

ところで一般的に古いピアノは新品に比べて性能が劣るというイメージがありますが、古い弦楽器が高く評価されているのと同様にピアノも同じことが言えます。

その理由は、鉄やプラスティックは経年劣化してきますが、木は年数を経過すると強固になるので楽器としては優れたものになるという理由ですが、ピアノが構造が簡単な弦楽器と違うのは内部に複雑なメカニズムを持ち消耗部品が多いというところです。

また全て手作業になるので工賃(作業時間)が多くかかり、部品代も含めると新品の国産ピアノに近い費用になりますが、愛着のある思い出のピアノや元々高額なヨーロッパ製の輸入ピアノは本格的なオーバーホールもお薦めです。

ちなみに現在のリニューアル費用は最近の技術者不足もあり年々高額になってきており、家庭用のスタインウェイのグランドで200万円前後、ヤマハのグランドで130万円前後が一つの費用の目安です。

弊社でリニューアルした1965年製スタインウェイCモデル(セミコンサート)

内容は響板の埋め木修理から始まりフレーム塗装、弦の総張り替え、アクション部品の交換(ハンマー・サポートアッセンブリー)ダンパーフェルト、バックチェックスキン交換、象牙漂白・研磨等です。





オーバーホールの落とし穴



中古ピアノのメリット・デメリット

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取