ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノの性能を決める調整の重要性

ピアノは値段ほどの性能差はないと以前の日誌で書いたら反論もいただきました。

あるピアニストさんからの反論内容は、たとえばベーゼンドルファーは音色の引き出しが50くらいで、一般的なヤマハは5くらいの音色の引き出ししかないので性能差は歴然としているとのことでした。
これは多くのピアノを弾く機会のあるピアニストさんからの率直な感想だろうと思います。

私の感想

確かに体感された違いはあるのでしょうが、スタインウェイやベーゼンドルファーなどの高級ピアノは高額故に所有者もピアノを大切に考え日頃からきっちり調整や整音がされていることが多いので、演奏者からすると表現力の幅があると感じられ、一般的なヤマハやカワイの場合は、たとえホールにあるピアノでも調整する習慣がなくメンテナンスは調律だけで済まされているので、弾き比べると酷い状態で表現力が劣るピアノが大半ではないかと思います。

一昔前までは、多くのホールのスタインウェイは松尾楽器さんが毎年、2日かけた調整を行うように制度化しましたし、ベーゼンドルファーも今はなき日本ベーゼンさんが丁寧なメンテナンスをしていましたが、ヤマハ、カワイは短時間の調律だけで済まされているので性能差が歴然とつくのではと思います。




ピアノは自然素材を使った複雑なメカニズムを持ち、そのメカニズムを通じてリモートコントロールで打弦する楽器なので内部の丁寧な調整が不可欠ですが、国産ピアノメーカー自身が調整の重要性を理解しておらず、それ故にグランドピアノの調整ができる調律師も少なく、また日頃から調整する習慣もないのでピアニストの評価が低いものになっているように思います。




無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取