ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

思い出のシーン、ファツィオリピアノのデビュー・レセプション 2008年10月

日本でのファツィオリピアノの本格デビューが2008年ですから今年で9年目に入りました、今では日本での知名度も上がり最高級ピアノとして高い評価を得るにつれ、日本のファツィオリピアノの愛好家が増えてきました。

当時のブログより抜粋してみました。

長年の友人であり、スタインウェイ社の極東代表として活躍していたアレック・ワイル氏が、スタインウェイ社を退職、イタリアの高級ピアノ、ファツィオリピアノの日本総代理店、ピアノフォルティ株式会社を立ち上げ、そのレセプションがサントリーホールの小ホールであり、友人としてお祝いに行ってきました。
 
左からイタリア駐日大使、アレック・ワイル氏、中村紘子さん、創業者のファツィオリさんです。






 この日の祝辞を頼まれていた中村紘子さんですが、初めてファツィオリピアノに触ったのが3、4日前のようですが、中村紘子さんもファツィオリピアノに一目惚れされたそうです。

前日の10/8、このサントリーホールで公演された中村紘子とN響の仲間たちで、このファツィオリピアノを持ち込みで使用されたそうですが、この日はご来賓で皇后さまも来られていて、皇后様もピアノが大変お好きなようで、公演後の中村紘子さんとのお食事の席で、皇后様もこの初めて聴くファツィオリピアノに大変興味をお持ちになったというお話が中村紘子さんからありました。



ちゃっかり創業者のファツィオリさんと写真を撮らせていただきました。
考えてみれば、ヨーロッパのピアノはその歴史が古いので、もう創業者に会うのは不可能ですが、ファツィオリピアノは例外的に1981年創業のメーカーなので、現役の創業者が持つ独自のピアノ作りの情熱を、ご本人にお会いしてお話を聞くことができるのは奇跡のようなことです。

このファツィオリさん、イタリアで6人兄弟の末っ子として生まれ、親父さんの家具
部門を受け継いだそうですが、小さい時からピアノが好きで、それが高じて、自身の
独自の最高のピアノが欲しくて、今ではビジネス的には超斜陽産業のピアノ事業で
すが、そんなこととは関係なく1981年にピアノを正式作り始めたのだそうです。

「最高のピアノを」と云う高い理想を持ち、現在は、イタリアの地で従業員40名で、年間約100台のグランドピアノを手作りで製作されているそうで、そのために車の
フェラ~リほどには高価にはなりませんが、価格的にはどうしても高価になりますが、同じピアノでもやはりイタリアならでは独自の魅力も醸し出しています。

とにかく最高のピアノをとお考えの方は、一度、スタインウェイとファツィオリを弾き比べてみて下さい、どちらも最高と云われるピアノですが、それぞれの持つ魅力が違いますので、大いに迷われること間違いなしと思います。

都内港区にあるファツィオリピアノのショールーム(ピアノフォルティ株式会社)




ファツィオリピアノを購入されたお客様の声

お薦めブランド ファツィオリピアノ

お薦めブランド スタインウェイピアノ

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取