ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

チェコのペトロフピアノの今と昔

ぺトロフピアノは1864年創業の長い歴史がありますが、1989年のビロード革命後から徐々に西側の部品や工作機械がチェコに入ってきて、それまではビス1本まで自社で製作していましたが、合理的なピアノ作りになり品質も向上しました。

それでもまだ昔のレトロ(伝統的)なピアノ作りが残っており、物価や賃金もドイツや日本に比べるとまだまだ安いという魅力があり、他のヨーロッパのピアノメーカーが淘汰されたこともあり、気がつけばヨーロッパ最大のピアノメーカーになりました。

今では一千万円クラスのスタインウェイ等を除けば、全てヨーロッパで生産されている純ヨーロッパ製ピアノは少数ですが、そのなかでもチェコ製のペトロフピアノは純ヨーロッパ製のなかでも一番安価に購入できるのが大きな魅力です。

ペトロフピアノの魅力のポイントは? 

ペトロフピアノの魅力は、昔ながらの伝統的な工法(合理化が遅れている?)で1台1台手間をかけて作ることで、楽器としての基本性能(音色や響き)が良いことです。

屋外で自然乾燥した無垢材が多く使われる

工場の生産が昔ながらのローテクで、1台1台手作業の行程が多く残る

消耗部品にはドイツの高級部品メーカーの部品を使っています。

昔ながらのレトロな作業現場 ペトロフの工場にて(いずれも筆者撮影)











なぜヨーロッツパで安価にピアノが作れるのか?

ペトロフの工場はチェコのプラハから東に140㎞、人口10万人ほどの田舎町のクラローバにあるために、ヨーロッパでも安い人件費で地元の優秀な技術者を安定的に確保できるからです。

お薦めブランド ペトロフ


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary