ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

知っておきたい生産国表示のルール

中国でピアノを作るのは中国の高い貿易関税壁のため
20160202094704 
日本や欧米の先進国では既にピアノの需要は少なく、最近は中国が世界最大のピアノ市場で、次いでインドネシアをはじめとするアジア諸国になってきています。

そのような背景がありますが、日欧米でピアノを製造して中国へ輸出すると35%程の高額な関税等がかかるので(日本へのピアノ輸入は関税がゼロ)、最大市場である中国でピアノを安価に販売するために地産地消で、日欧米のメーカーは中国に工場を持つか、中国で委託生産する必要があります。(インドネシアも同様)

20160906132250

なので日欧米のメーカーも中国工場か中国メーカーで委託生産したピアノの大半を中国国内で販売し、残り?を関税のかからない日本や欧米に輸出しているのが実情です。

余談ですが、ネットニュースによれば、アメリカの国内法では、アメリカ車というの構成部品の75%以上がアメリカの工場で生産されていないと、アメリカ製の車とは認めないそうです。

それに照らすと今のアメリカ車というの6車種(アメリカブランド)ほどしか存在せず、上記の条件を満たすアメリカ車のなかでアメリカで一番多く販売されている車は何とトヨタのアメリカ製のカムリだそうです。

同じ定義で日本のピアノ業界をみると、日本製、ドイツ製、ヨーロッパ製と呼べるピアノは、アメリカ製自動車と同じでかなり少数派になるのではないでしょうか。

ちなみにピアノの場合は、最終工程を施した国が生産国とされていますので、極端に解釈すれば、本体とペダルを別々に輸入して、日本でぺダルを取り付ければ日本製の表示が可能になります。

よくある質問
⑦知っておきたい生産国表示の業界ルール

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取