ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

お子様にはどんなピアノを選んだら良いか?

ご予算次第で中古・新品・安価・高級、どんなピアノを選んでも問題ないのですが、良く調整されて、弾き易く表現力豊かなピアノということが絶対条件です。

丁寧に調整されたピアノなら、均等なタッチで指の力が弱いお子様さまでも表現が難しいピアニシモ(小さな音)も音色の粒が揃った綺麗な音が出せますし、トリルは勿論、大きな音も力まずに無理なく出せて猛練習でも腱鞘炎になりません。

たとえば一般家庭から10万円~15万円で買い取ったヤマハの中古アップライトピアノの場合、引き取り運送費に加え、外装磨きと調律と簡単な修理で約5万円、その上で錆取りや癖を一度リセットしてから丁寧な調整をする手間はコスト換算すると優に20万円以上はかかるので原価割れになります。

特に安さを謳うバーゲン会場の中古ピアノは、一番コストがかかる調整が省かれており表現力の劣るピアノになります。

中古ピアノの落とし穴

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取