ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

中古ピアノはリスクが沢山あります

最近は古い中古ピアノが多くなっていますが、古いピアノにはリスクがたくさんあります。なかにはプロでもすぐには見抜けないものもあり、後々相当な修理費が発生することがありますので注意が必要です。

①調整と整音が大概は省かれている

中古品は新品と違い今までの癖を一度リセットしてから再調整する必要があるが、それには外装とは別に1週間程度の作業時間が必要です。
しかしコストがかかるので大半の中古ピアノの調整が省かれています。結果としてタッチが重く弾き難く表現力が劣るピアノが大半ですが、これは少し試弾するとわかります。。

お子様にはどんなピアノを選んだら良いか?

浜松ピアノ店の中古ピアノが商品になるまで


 ②そろそろ消耗部品の交換が必要なピアノが多い
     これは内部をしっかり見ていくとある程度わかります

代表的な消耗品のハンマーですが、経年劣化で固くなったりそろそろ交換が必要な中古ピアノも多くあります。



同じく古く固くなったフェルトやクロスも張り替える必要があります

鍵盤のブッシングクロスの張り替えと再調整






③調律が短時間で狂うピアノもあります

古くなると弦を止めているチューニングピンが緩くなって調律がすぐ狂うピアノになりますが、その場合はピンを太いピンに交換して、弦もすべて新品に交換する必要があり、その為にはピアノを一度預かる必要があるので往復の運送費も含めれば30万円以上の費用が発生しますが、これは調律してしばらく様子をみないとわかりません。




④響板が割れたり響棒が剥がれて
雑音が出る場合、修理費が高額になるので大概は廃棄処分になります。これは一通り仕上げて静かな部屋で弾いてみないとわかりません。



響棒の剥がれで雑音が発生


響板が割れると響板の交換が必要になります





 無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取