ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

中古ピアノの最近の実態

中古ピアノの実態

 日本国内の新品ピアノ販売はここ数十年も毎年減少してきて、現在では過去のピーク時の三十分の一ほどの販売台数になっているので、年式の新しい中古ピアノは少なくなっています。

逆に中国はピアノブームでピアノ人口は増え続けていますので、安価な日本製の中古ピアノが人気なので、過去、十何年も大量の国産中古ピアノが中国に輸出され続け、今ではもう国内には、めぼしい中古ピアノは少なくなってきています。

そんな背景から今はピアノの売り出し広告よりも買い取り広告の方が圧倒的に多く、「ピアノ、売って頂戴!」というテレビ広告まで出るようになりました。

なのでもう国内に良質の中古ピアノが少なく、同じ中古品でもワンオーナーではなく何度も再販された中古品も多く、消耗部品の寿命が心配なピアノが多くなっています。

しかも販売業者からすれば、買取広告費もかかる上、競合他社との買取競争で仕入れ原価が高くなり、外装のクリーニングや傷修理、部品の修理だけでもコスト的に大変なので、大概は内部の調整や整音が省かれています。


 弊社1Fに展示中の中古アップライトピアノ



 弊社1Fに展示中の中古グランドピアノ

2Fは新品グランドピアノを展示しています

新品以上に必要な整調と整音

現状では極力安価な中古ピアノを希望される方の多くがピアノの未経験者の方なので、短期間で故障しない限り、タッチや音色に関してはクレームにはなりません。

古いピアノが劣る訳ではありません

木は年数を経過すると固く強くなるという意味で、鳴りが良い古い弦楽器が高く評価されていますが、ピアノも同じことが言えます。

ただ弦楽器はピアノに比べ構造がシンプルでその意味で修理も簡単?です。ピアノはメカニズムが複雑で、たとえば響板の修理は弦を外しフレームを取り外さないとできません。

オーバーホールも全て手作業になるので作業効率が悪く工賃も多くかかり、外装のリニュアルや部品代も含めると販売価格もだいたい同型の新品の国産ピアノに近くなります。

それでは対費用効果が悪いので高価なヨーロッパ製のピアノ以外は本格的なオーバーホールは難しいのですが、もしやれば新品以上に魅力的なピアノに生まれ変るはずです。

個々のピアノのコンディションや十分な調整の有無の判断は、一般にはなかなか難しいのですが、ピアノを少しでも経験された方なら、ご自身で実際にピアノを少しお弾きになってみれば、ある程度の判断はできると思います。

中古ピアノのメリット・デメリット

ピアノの性能を大切にお考えの方に、下記の資料2点を無料進呈しています。

資料の詳しい案内はこちらから

グランドピアノの3日間の出荷調整作業を動画でお見せしていますが、丁寧な調整でいかなるピアノであれ性能が大幅に向上することがご理解頂けます。DVD全24分

 
ネット上では公開できない業界の矛盾点や裏話を満載。全44ページのピアノ選びの新しいバイブルです

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取