ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

出荷調整、納入調整と、保守点検の意味と効果

◎出荷調整
 納品前にピアノを販売店で整調・調律・整音の一通りの作業を行うこと。

●メリット 
メカニズムの動的精度を高めることで、いかなるピアノであれ(メーカー、新品、中古を問わず)タッチと音色、響きが30%以上は向上するので、弾いて気持ちが良いピアノに仕上がる。

●デメリット
特に新品の場合は、メーカーから倉庫に入荷し梱包されたピアノを、一度、店頭で開梱してから作業時間が3日間(中古品の場合はその倍以上)の時間が必要で、出荷前に再び梱包の必要があるので、販売店のコストは増大するが、ユーザーにデメリットはない。

新品ピアノの納入前の店頭での出荷調整の鍵盤調整のシーン
dsc_1161
新品ピアノでも全ての鍵盤の高さと深さを一律にし、全ての鍵盤がスムースに動くように鍵盤調整を行いますが、これだけで1日近い作業になります。

ちなみにメーカーでは1千万円クラスの高額ピアノしか丁寧な出荷調整(3日間)は行わず、ヤマハのCクラスで2時間半、Sクラスでも8時間、ディアパソンで8時間と云ったところですので、あきらかに調整不足です。(筆者調べ)
 
◎納入調整
出荷調整が完了して納品したピアノを、演奏者の好みのタッチに合わせた整調を施した後、調律してから、さらに部屋の音響を考慮しながら、演奏者の好みの音色の粒に揃えるように整音をする。
約半日の作業時間が必要   (香川県高松のユーザー様)
img_2881

●メリット
 ピアノのタッチ、音色や響きを演奏者の好みに合わせるので演奏者にジャストフィットしたピアノに仕上がります。

●デメリット 
1時間少々の納入調律に比べ半日作業になり、販売店側は効率が悪いが、ユーザーにはデメリットはなし。

◎保守点検
主としてホールのピアノのメンテナンスに使われる言葉で、コンサート毎に調律をしても、メカニズムの調整や整音の時間がないので、1年に一度、通常2日間をかけて一通りの整調・調律・整音を行なうこと。(建部町文化センターホールにて)
dsc_0882

●メリット
作業時間不足で不十分な整調・整音を補うことができるので、快適な性能を維持することができる。

●デメリット
 2日間の作業になるのでコスト(約10万円)がかかる。

弊社の定期調律
作業時間は約半日かける定期調律風景(高知市、お客様宅にて)
hrxq6294

●メリット
最初に丁寧な出荷調整を行っており、引き続き定期メンナンスでも簡単な整調・調律・整音をセットで行なうので快適なタッチ、音色、響きを維持できます。

●デメリット
  毎回、簡単な整調・調律・整音をセットで行なうので、作業時間が約半日になり、1日の訪問件数が2軒が限界、そのため調律のみに比べて幾分高額になる。

通常の定期調律
通常 、調律と呼ばれているものですが、調律だけなので作業時間は1時間少々で、調律師の1日の訪問件数が3軒が基本。

●メリット
作業時間が短くて、料金も割安である。

●デメリット
最初の出荷調整が省かれているので納入時から弾き難くいが、経年劣化で、ますます音もタッチも劣化してくる。

浜松ピアノ店 店頭にて
dsc_1173

現在使用されているピアノの大半が、新品時からほとんど調整がされず、長く調律だけで済まされているので、音色が悪く弾き難いピアノになっているのではないでしょうか。

ピアノの調律とメンテナンス

ピアノ全般に関する無料資料の請求先

 

 

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取