ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

お世話になっている、浜松の職人さん達

いつもお世話になっている低音弦の巻き線一筋50年以上の冨田氏
img_0379

ご本人のお話によると、巻き線は家業だったので中学生の時から巻いているそうで、工学部出身の大卒だけあり、彼の大学ノートにはほとんどのメーカー、器種別、年代別の巻き線のデーターをお持ちです。

ちなみに今の巻き線(低音部)は、ほとんどが機械巻ですが、名人が巻く巻き線は、雑音もなく響きも良いと評判です。

冨田氏の事務所で右がいつも修理等をお願いする森重氏
%e8%aa%bf%e6%95%b4%e3%82%92%e3%81%8a%e9%a1%98%e3%81%84%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%af%e6%b5%9c%e6%9d%be%e5%9c%a8%e4%bd%8f%e3%81%ae%e8%81%b7%e4%ba%ba%e8%aa%bf%e5%be%8b%e5%b8%ab

ディアパソンの浜松で選定や出荷調整をお願いしている山原氏
写真は浜松でペトロフピアノを出荷中のものです。
dscn4183

写真中央が、ディアパソンの設計者、大橋幡岩氏から直接手ほどきを受けた技術者の乗松氏、浜松の竜洋工場のディアパソン展示場にて。
%e6%b5%9c%e6%9d%be%e3%81%ae%e7%ab%9c%e6%b4%8b%e5%b7%a5%e5%a0%b4%e3%81%ab%e3%81%a6%e3%80%81%e4%b8%89%e5%ae%a4%e7%a4%be%e9%95%b7%ef%bc%88%e5%bd%93%e6%99%82%ef%bc%89%e4%b9%97%e6%9d%be%e6%8a%80%e5%b8%ab

森重氏の工房にて、写真奥が森重氏。
%e6%b5%9c%e6%9d%be%e3%81%ae%e8%81%b7%e4%ba%ba%e3%80%81%e6%a3%ae%e9%87%8d%e6%b0%8f%e3%81%ae%e5%b7%a5%e6%88%bf%e3%81%a7%e3%80%81%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%91%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%81%ae%e4%b8%89

この森重氏は、過日、NHKの浜松のピアノ職人?という1時間番組で15分ほど取り上げられたピアノ職人さんです。

昔はピアノと云えば、楽器の都、浜松ということでしたが、その下請け業者もたくさんあったのですが、今ではヤマハ、カワイ以外の中小のメーカーは既になくなっています。

最近はその大手もメーカーも中国やインドネシアでピアノの部品(半製品)を作って日本で最終組み立てするだけのようなことで、若手の技術者が育っておらず、写真のような超ベテランばかりになっています。
彼らが仕上(リニューアル)した1960年代のヤマハ
元々は黒塗装でしたが、塗装を剥ぎ、木目の艶消しに仕上げ、脚も猫脚(チッペンデール)に仕上げました。現在、浜松ピアノ店に展示中です。
%e6%9c%a8%e7%9b%ae%e3%81%ab%e6%94%b9%e9%80%a0%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e8%a3%bd%e3%81%ae%e6%a4%85%e5%ad%90%e3%82%92%e3%81%a4%e3%81%91%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%be%e3%81%97

浜松の職人の手で1台1台丁寧に甦らせ新しい付加価値をつけて販売するのが独自の流儀です。

お薦めブランド ディアパソン

 

 

 

 

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取