ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

初めてシゲル・カワイの契約書を頂いて、その契約内容にビックリしました。。

以前に弊社でシゲル・カワイのご試弾会をしたことがあります。
シゲル・カワイの試弾会が、明日から3Fホールで始まります!

浜松ピアノ店 3Fホールに展示された時のシゲル・カワイSK-5





このたびご縁があって、初めてシゲル・カワイを弊社を通じて購入したいという方がおられて、カワイの卸担当者が弊社にて、シゲル・カワイの契約書を頂く際に同席しました。

尚、シゲル・カワイは他のカワイピアノと違い、販売店(弊社は正規のカワイ特約店ですが)との契約でなく、あくまでカワイ楽器とお客様との直接契約に依ってのみ契約が成立するというルールになっています。

そのご契約時に同席していてビックリしたのは、本体の定価販売はもちろん、付属品の小物のキーカバーや数百円のシリコンオイルまで全て定価で購入するという契約書でした。

1千万円を超す一流高級ブランドのピアノでも、今の時代はそれなりの値引きをしないと売れない時代ですが、業界歴が長い筆者もこんな契約書は初めてです。

ピアノ屋としては、模範的な契約書として、ぜひ他社のメーカーの社長さんに見せてあげたいと本気で思いました、たぶん彼らも知ればビックリすると思います。

ところで、シゲル・カワイが他のカワイピアノと何が違うのか?

他のカワイピアノに比べ、カタログでは多少上等な部材を使って、細かい改良を施しているということですが、フレーム等の基本設計はどれも同じですので、性能はたいして違わないのですが、一番の違いはシゲル・カワイは丁寧な出荷調整とメンテナンスするが、他のカワイはしないかということに尽きます。

私見ですが、他のカワイピアノでも、同じように丁寧な調整を施せば、シゲル・カワイに遜色ない性能を発揮するとことは間違いないと筆者には断言できます。

他社のピアノは全て伝統的な木製ですが、カワイはカーボンを使った独自のアクション。



丁寧な出荷前の調整と納入後の丁寧な調整を含めたメンテナンスを施すと、シゲル・カワイに限らず、いかなるピアノも性能(音色、タッチ、響き)が最低でも20~30%向上すると弊社では常々訴えてきましたが、それをメーカーで行い、販売もメーカー直販としたのは世界的にも唯一シゲル・カワイだけということになります。

ただしグランドピアノの調整をきちんとできる技術者は大手のカワイ楽器でも少なく、今回のお客様は岡山の方ですが、大阪に2名しかいない技術者の1名が大坂から納入調整に来られるそうです。

 具体的な出荷調整やメンテンテナンスを弊社の無料資料でご案内していますので、ぜひ、ご研究してみて下さい。

ピアノ選びで後悔しないために資料を無料進呈

ピアノの選び方とその問題点

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取