ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

シゲル・カワイとヤマハSシリーズの生産完了について

生産完了になったヤマハの高級グランドピアノSシリーズ


最近、話題になってきたカワイ楽器のシゲル・カワイシリーズ


両者ともグランドピアノの高級版としてライバル関係にありましたが、今ではシゲル・カワイが話題になり、ヤマハのSシリーズは生産完了になっています。

原因はいろいろあると思いますが、ヤマハのSシリーズはヨーロッパ製輸入グランドをターゲットにした価格設定なので高価、シゲル・カワイは、それらより安価というものもあります。

私見ですが、両者ともレギュラーシリーズより高級な響板やハンマーを使用しているというのは共通ですが、一番の違いは、シゲル・カワイの方は、カワイの中でも特別優秀な技術者に、丁寧な調整をさせているという違いですが、ピアノはこれが王道のように思います。

かたやSシリーズの場合は、調整という意味ではほとんど差別化されず、単に高級な部材を使っているだけなので、仮に比較試弾をされても、演奏者にとってはレギュラーシリーズと大きな違いを感じられなかったのが原因かと思います。

ただ丁寧な調整をすると云っても、言葉で云うのは簡単ですが、現実にはそれができる技術者は極めて少数で、たとえばカワイの場合では大阪に二人しかおらず(ちなみに岡山県にはいませんので、大阪からメンテナンスに来ます)、この二人の技術者がメンテナンスも関西と中四国、山陰を回るのですが、人数的にはヤマハにしても同じようなものかと思いますが、大手メーカーの立場から考えるとこれも大変です。

何が云いたいかというと、単に高級な部材を使っただけでは快適なピアノにはならず、いかなるピアノであれ、ほんとうに丁寧に調整してやると、それなりに魅力的なピアノになります、この明白な事実をほとんどの方にご理解頂けていないことが残念でなりません。

当店でピアノを選ぶメリット

YOU TUBEで詳しくご案内しています。
ピアノの調律とメンテナンスについての詳しい解説

 

 

 

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取