ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

山陰・関西メンテナンスに行ってきました

先週末から3日間の出張メンテナンスへ行ってきました。

 

初日目は島根県出雲市T様宅へディアパソンDR-5の納入調整へお伺いしました。

写真を撮り忘れてしまいましたが、マスク付きのディアパソンDR-5を気に入って頂けてよかったです。

 

 

上の写真は、浜松のメーカー工場から一度弊社で開梱して出荷調整を行なっている写真です。

 

 

 

 

翌日2日目の朝は神戸シュクレパリス-Sucre Paris-様の定期メンテナンスでした。

 

愛嬌抜群のワンちゃんJP(名前です)と色彩療法士の奥様舞Pとご主人のタケPと楽しい時間を過ごしました。

 

ご主人のタケPと私三木Pは同じカラー(summer)なので雰囲気が似てますね(笑)

いつもお二人の貴重な話が聞けて自分磨きをさせてもらってます。

 

 

 

午後は姫路市のF様宅へ定期メンテナンスでした。

 

 

何か気になるとこありますか?と聞くと、「ダンパーのタイミングを揃えて(ハーフペダルが揃うようにして)欲しい」とのご要望だったので、今回はダンパー中心の作業にしました。
その間ご主人は・・・

 

 

 

鍵盤を磨いてくれてました。
いつも作業を見ているので色々と共同作業が出来そうです(笑)
とても落ち着いていて癒し系のご主人です。

 

 

 

 

最終日の3日目は兵庫県川辺郡M様宅で、他社でピアノを購入したけど不調で・・・とご依頼があり初めてのメンテナンスです。
小学生のお子様達が弾かれるそうですが、
鍵盤の動きも音色もバラつきがあり、調整不足でとても弾きづらい状態でした。

 

金属パーツ類(バランス・フロントキーピン、キャプスタンスクリュー)も磨き直してベタつきを除去しました。

 

 

他にもまだたくさんやるべき作業が残っていますが、今後定期メンテナンスで行なうことになりました。
翌日、M様からご連絡があり、お子様が、「鍵盤が軽くなった!弾きやすい!」
と言っていたそうで、違いが分かってもらえてなによりです。
また「もう少しキラキラした音色が好き」だと言うことだったので、次回は好みの音色に近づけれるように調整することに決まりました。

島根県出雲市Tさま、神戸市のシュクレパリスさま、姫路市Fさま、川辺郡Mさま、ありがとうございました。

 

 

>>>ピアノにとって調律よりも大切なこととは?

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


ピアノ日誌Piano Diary