ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

正しいピアノ選びは、丁寧に調整されたピアノ同士の比較試弾から

ピアノの試弾環境は量より質が重要、展示台数の多さよりも1台1台丁寧に整調と整音されたピアノ同士を静かな環境で比較試弾できることが何よりも重要です。

良く整調・整音されたピアノで、初めて個々のピアノが持つ本来の個性(音色やタッチ、響き)を体感することができます。

浜松ピアノ店のショールームのピアノは、調律だけでなく可能な限り丁寧に整調と整音していますので、個々のピアノが持つ本来の個性(音色やタッチ、響き)を体感することができます。

浜松ピアノ店 1Fショールーム

浜松ピアノ店 2Fショールーム

弊社でお気に入りの基本特性(タッチ・音色・響き)を持ったピアノを見つけたら、出荷前の調整(整調・調律・整音)の前に、ご自身の細かいご希望を伝えていただければ、よりお好みに近い音色やタッチに仕上げてからお届けさせて頂きます。

さらに納入後も、部屋の音響を加味しながら、より演奏者好みにタッチや音色(整調と整音)に仕上げてますので、ほぼ理想的なピアノになります。

このように同じピアノでも丁寧な調整(整調・調律・整音)で、ピアノの性能(タッチ、音色、響き、表現力)が大幅に向上すると同時に、自分好みのピアノに仕上げることができるので、ピアノという楽器はいわばセミオーダーの楽器です。

残念ながら現実にはほとんどのメーカーや販売店でこのような対応はなされていないと思います。

ピアノの選び方とその問題点

ピアノの調律とメンテナンス

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary