ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

本当に後悔しないピアノ選びとは・・・ 購入前の予備知識

みんなのピアノ選びから一部転載

よし、思いきってピアノを買うことに決めた!!

そう決意されたあなたは、楽器店に足を運ばれるか、カタログを取り寄せて検討されることでしょう。また最近ではピアノに関してインターネットで徹底的に調べる方も増えているようですね。

ただいざ買う段階になりますと、なかなか決断できないお客様が目立ちます。とても高額な品物ですし、(変なピアノを選んで失敗したらどうしよう)と不安な気持ちにもなるのも当然です。

そう、実際に接客をしていますと、本当に多くの方々がピアノを購入する際の選考基準に悩んでいます

一口にピアノを選ぶ基準と言いましても音、タッチ、価格、サイズ、色、デザイン、材質、ブランド、店、調律師、アフターサービス、などなど少し思い浮かべるだけでも、これだけ挙がります。

おそらくお客様はカタログやインターネットで沢山の情報が溢れているために、かえって何を根拠に買えば良いのか迷ってしまうのではないでしょうか。

その結果、もっとも簡単な基準「価格」「見た目」「ブランド」で安易に決めてしまう場合も・・・。

部屋のインテリアとして飾るために購入するのなら話は別ですが、ピアノは音を楽しむための「楽器」であることをどうか忘れないで下さい。

また一方で、ピアノを扱うセールスマンや調律師も悩んでいます。
「この不景気な時代、いくら音や品質が良くても値段の高いピアノだとお客さん買ってくれないよ…」
もちろん世の中の経済情勢が、嗜好品であるピアノの販売に影響を及ぼすことは違いありません。

ところが、もし仮に良いピアノの見分け方をお客様が理解されていないとしたら・・・そのピアノの素晴らしさがお客様に伝わっていないとしたら・・・売れないのは景気のせいではなく、商品の魅力を説明できない販売サイドの責任であるとも考えられます。

すでに国内においてピアノは一般世帯に広く普及し、(その多くは使用されず眠った状態だったりしますが…)もはや従来の大量生産・大量販売といったメーカー主導型のビジネスモデルは転換期を迎えています。

これからはグランドピアノや外国製ピアノを求める本物志向の消費者がメーカーと店を選別する時代。残念なことに、そうした“意識の高い顧客”に対応できる人材とサービスが今の販売現場には不足しています。

このような買い手と売り手の現状、そしてお客様のピアノ選びに幾度となく立ち会った自身の経験をふまえて、ピアノを探す人にとって必要な知識実践できるテクニックをご紹介します。

もちろん一般のユーザーは専門家ではありませんから、ピアノの全てを把握することは不可能です。(とくにピアノ内部については、調律師でも一瞥しただけでは判断できないほどデリケートな問題です)

しかし、初心者であっても勉強して違いのわかる買い手となれば失敗するリスクを減らすことは出来ます。

このピアノを選んで本当に良かった!我が家の宝物にしよう♪
 資料をご覧頂いてピアノを購入された方に、そう心から満足して頂ける事が何よりの願いです。

浜松ピアノ店では下記3点の資料を無料進呈しています。


 
Ⅰ 
既成概念が変わり、広い視点からピアノ選びができるようになります。


 
 Ⅱ
本来の調整を知らずにピアノの性能を語ることはできません。ピアノ愛好家必見の動画です。


 
 Ⅲ
同じ曲を異なったピアノで演奏していますので、音色の特徴を簡単に体感できます。

    
 みんなのピアノ選び

ピアノ選びで後悔しないために資料3点を無料進呈中です!

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取