ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

床暖房には断熱パネルが必要不可欠です

床暖房はとても快適ですが、床暖房の上に直接ピアノを置くとピアノ自体が温もりますので、調律も調整もガタガタになり、最悪ピアノの響板も壊れます。特にグランドピアノの場合は、響板の下部に暖かい空気が溜まり響板が過乾燥で支障が出ます。
 
やむお得ず床暖房の上にピアノを置く場合は、ピアノの下に断熱パネルを敷かなければなりません。
既製品で約10万円程になりますが、親しい工務店さんがあれば独自にオーダーして製作してもらっても良いかと思います。

逆に床暖房は断熱パネルさえ敷いてやると、部屋の空気を暖めるエアコン暖房等に比べ、ピアノに優しい暖房になります。
 




注意点
ピアノの下に断熱パネルを敷くと、その分だけ床面より高くなり床面と段差ができますので、ピアノ本体だけでなくペダルや椅子の下も同じ高さのパネルを敷くのがポイントかと思います。

ピアノの性能(音色、タッチ、響き)を大切にお考えの方に
只今、ピアノ選びで後悔しないための資料を無料進呈しています

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取