ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

トップの顔がわかるメーカーを選ぶのも一つの方法です!№2

「あらゆる組織(家庭も会社も)はトップで99%決まる」という話があります。

会社(組織)にとってはどのような考えを持った人物がトップであるかは極めて重要です。
いかに過去に輝かしい歴史を持った有名ブランド(会社)でも、現在のトップがどのような人物か(価値観や人生観)?で製品(ピアノ)の魅力や品質まで大きく変ってくるように思います。

ピアノメーカーであればやはりピアノ作りに情熱を持ったトップがいるピアノメーカーであれば、自ずとそのピアノにも魅力と信頼がおけるように思います。

有名ブランドのスタインウェイがありますが、今はスタインウェイ一族は残っておらず、オーナーもたびたび変り現在のスタインウェイのオーナーはアメリカ人の投資家ですし、ベーゼンドルファーも今は親会社がヤマハです。

そのような観点から今のピアノ業界を見ると、ファツィオリの創業者オーナーのパオロ・ファツィオリさんに続くのは、創業家一族の5代目社長、スザンヌ・ペトロフさんのように思います。

ペトロフ社長から、日本のピアノ愛好家のみなさんへのメッセージです


1864年創業のチェコのペトロフ社は従業員数800名程度の会社ですが、今のピアノメーカーでは珍しい、創業のペトロフ家の5代目オーナーが今でも社長(女性)という老舗メーカーであり、目先の数字を追い求めるサラリーマン社長のピアノメーカーと違い、創業家一族のオーナー社長ゆえに、自社ブランドに対する愛情と良いピアノを作るという情熱が感じられます。


ペトロフブランドは少量生産なので、今のところ日本へ供給されるピアノは、隔月UP/15台、GP/2台程度ですが、納期は少しかかりますが、少量生産ゆえに望めば外装等の特別なオーダーも聞いてくれます。

お薦めブランド ペトロフ

間違いだらけのピアノ選び!とは?

只今、ピアノ選びで後悔しないための資料を無料進呈しています

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取