ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

中古ピアノが必ずしも劣るとは限りません

一般に新品に比べて中古ピアノが劣ると考えられているようですが、必ずしも劣る訳ではありません。

大半の中古ピアノが新品に比べて劣る理由

中古ピアノは部品の劣化が進んでいたり、大概は新品から調整がされず調律だけで済まされているピアノが大半なので弾き難くなり、変な癖、たとえば当初の擦り合せ調整をせずに長年弾いてきたピアノはいろいろな悪い癖がついています。

それを安く販売する(コストを省く)ために、外装は一目でわかるので問題ないのですが、肝心な内部のメカニズムは簡単な修理だけで販売されるピアノが多いから、現実には中古ピアノは性能が劣ったピアノが多くなっているだけです。

楽器としての基本特性は古いピアノの方が優れている

一方でピアノの主材料の木は、鉄やプラスティックと違い年数が経過するほど、堅く強固になる特性があるので、古い弦楽器が高く評価されるのと同様に楽器としての基本特性は、古いピアノの方が新品より優れています。

条件を満たせば、新品より古いピアノの方が優れていることも多い

その条件は、消耗部品が劣化してないピアノをそれまでの癖を一度リセットしてから、丁寧に再調整をしてやると、今の新品より鳴りも良く魅力的なピアノになります。











下記のリンク先をご覧頂くと良くわかります
弊社独自の中古ピアノが商品になるまでの作業工程のご紹介

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。



無料資料の詳しいご案内はこちらから


無料資料のお申込みはこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取