ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ヤマハからスタインウェイに買い替えなかったお話

ご近所にお住いの開業医のお医者(男性)さんが、「やはりスタインウェイでないとダメなのか?」と何かご来店いただきました。理由は、ヤマハのグランドのC3を10年ほど使用されていますが、どうしても我慢できないところがあり、ヤマハのコンサートチューナーの方に3回ほど診てもらったが一向に不満点が解消しないとのことでした。

そこで弊社の技術者がご不満があるというヤマハC3を、丸2日かけて調整をして快適なC3に生まれ変りました。



その後「今度、学会で東京に行くのでその機会に家族も同行してスタインウェイとファツィオリを試弾してきます、但し、植田さん、スタインウェイとファツィオリを試弾して感動したら買いますが、感動しなければ買いませんよ」と念を押されましたが、購入後の部屋の改造の話までされて買う気満々で上京されました。

その後、弊社にご報告に来られまして「試弾しましたが特に感動しませんでした、なので当分、今のC3を弾きます」とのことでガックリきましたが、この時、たとえ普通のヤマハのC3でもきちんと丁寧に調整するとスタインウェイやファツィオリと云う高級ピアノと比較しても、そんなに劣るものではないということを改めて感じました。

ピアノの調律とメンテナンス


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。



無料資料の詳しいご案内はこちらから


無料資料のお申込みはこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取