ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

鍵盤が重くて弾き難いピアノが多いようです

前回、カワイの高級ピアノのシゲル・カワイの鍵盤が重くて、鍵盤の鉛調整をしているお話をさせていただきましたが、これは最後の手段で、まずは鍵盤周りの丁寧な調整だけでも鍵盤が軽く弾き易いピアノになります。

今回は他社でピアノを購入したけど不調で・・・とご依頼があり初めてのメンテナンスのご紹介です。
小学生のお子様達が弾かれるそうですが、鍵盤の動きも音色もバラつきがあり、調整不足でとても弾きづらい状態でした。

金属パーツ類(バランス・フロントキーピン、キャプスタンスクリュー)も磨き直してベタつきを除去しました。






他にもまだたくさんやるべき作業が残っていますが、今後定期メンテナンスで行なうことになりました。







翌日、お客様からご連絡があり、お子様が、「鍵盤が軽くなった!弾きやすい!」と言っていたそうで、違いが分かってもらえてなによりです。

また「もう少しキラキラした音色が好き」だと言うことだったので、次回は好みの音色に近づけれるように調整することに決まりました。

お子様にはどんなピアノを選んだら良いか

間違いだらけのピアノ選び


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。



無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取