ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ウェンドル&ラングのお客様の声を頂きましたのでご紹介します

ご購入頂いたウェンドルラング  ウェンドルラング AG-151 ウォルナット艶出しチッペンデール仕様



倉敷市 / O 様

コンクールにも入賞するようになりました!

三人の子供たちがピアノを習っており、毎年何度かコンクールに出るのですが、学年が上がるにつれ アップライトピアノでは細かい表現が耳に届きにくく、ペダルの表現に関しても不安があり、結局はレッスン室のピアノレンタルに通っていましたが、時間の負担などとても大きいものでした。

浜松ピアノ店の三木さんは45年前に母が購入した思い入れのある大切なディアパソンを、4年前に時間をかけて調整して下さり、本来のタッチと音色に生まれ変わらせてくださいました。その頃からコンクールにも入賞するようになりました。

そのような経緯と信頼があるので、薦められた時には納得して迷わず購入を決めました。デザインもとても素敵でしたし!

まだ数ヵ月ですが、子供達のタッチなどは明らかに変わっているように思います。音がダイレクトに耳に届くのでとても楽しそうに弾いています。またこの夏に初めて全国大会へ行く機会にも恵まれました。ようやくピアノライフが始まった気がします。これからものびのびと音楽を楽しんで貰いたいと思っています。これからも我が家のパートナーとして、宜しくお願いいたします。

植田談
近年は世界最大のピアノ市場である中国でピアノを販売するために、日本のヤマハ、カワイをはじめヨーロッパの老舗ブランドも中国で生産、あるいは中国のメーカーで委託生産されています。

中国には30社以上のピアノメーカーがあるようですが、トップはパールリバー、二番手が杭州ヤマハ、三番手がハイルーンですが、ウェンドル&ラングは三番手のハイルーンで委託生産されています。

そのような事情からウェンドル&ラングは、本来のヨーロッパメイドの三分の一くらいのお値段で購入できるのが魅力的です、まだ販売実績が少なくお客様の声もなかったのですが、ウェンドル6ラングを弊社で丁寧に調整すると実に魅力的なピアノになりますので、その違いの分かる方のご試弾をお待ちしています。

お薦めブランド ウェンドル&ラング

鍵盤の重さに関するご相談が増えました
たとえば中古グランドを購入された男性からのご相談例

ピアノという楽器の特異性と問題点、その解決策は?


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。



無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary