ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

トップで選ぶピアノ選び №2

「あらゆる組織(会社も家庭も)はトップで99%決まる」という話があり、最近の話題では、カルロス・ゴーン氏がトップの日産の不祥事がマスコミを賑わしていますが、豊田彰男がトップのトヨタの不祥事は今のところ出てきません。

そのような観点で今のピアノ業界をみると、スタインウェイのオーナーはアメリカ人の投資家ですし、今や世界の№1と№2の楽器メーカーであるヤマハとカワイはハイブリットピアノに情熱を傾けています。

アコスティックピアノに一番こだわりを持つ最右翼が、先日もご紹介しましたがイタリアのファツィオリピアノの創業者パオロ・ファツィオリさんです。

パウロ・ファツィオリさん


二番目にパオロ・ファツィオリさんほどの情熱はないですが、チェコのペトロフピアノの5代目社長のスザンヌ・ペトロフさんを挙げたいと思います。

スザンヌ・ペトロフさん ペトロフピアノの工場にて


わざわざチェコから岡山まで来てくれたペトロフ社長(写真中央)
弊社3Fにて 弊社スタッフとミーティング


お薦めブランド ペトロフピアノ

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary