ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

トップで選ぶピアノ選び №3

「あらゆる組織(会社も家庭も)はトップで99%決まる」ということから、ピアノ業界の社長2名、ファツィオリピアノの創業者パオロ・ファツィオリさんとペトロフピアノの創業家5代目のスザンヌ・ペトロフさんをご紹介しましたが、もう一人ご紹介したい社長がいます。

それはファツィオリ・ジャパン(旧ピアノフォルティ)のアレック・ワイル社長です。

ワイル氏の前職は、スタインウェイの極東支配人という役職でしたが、スタインウェイを知り尽くしたワイル氏が、ファツィオリピアノの素晴らしさを知って敢えてスタインウェイを退社、考えを同じくするスタインウェイの技術社員の越智氏とアッテラ氏と共に、10年前に今のファツィオリ・ジャパン(都内港区)を立ち上げました。

スタインウェイを知り尽くした3人が絶賛するファツィオリピアノなので、筆者も研究してみると創業者のパオロ・ファツィオリさんが「演奏者のための最高のピアノ」と公言するするだけあって、演奏者にとってはスタインウェイを超える魅力的なピアノと云えます。

ファツィオリピアノの歴史はまだ浅いのですが、作る人も販売する人も共にピアノに情熱を持った人達で、最近の多くの有名な国際コンクールには、スタインウェイ、ヤマハ、カワイに並んでファツィオリが登場して、演奏者もファツィオリを指名する人が世界で増えています。



ファツィオリピアノについての評価

響板はストラディバリウスにも使われている赤トウヒ材。手間をかけてボディのシーズニングを徹底することで上品な色気ある響きを実現。例えるなら芳醇でまろやかな赤ワインといったところでしょうか。
創業30年でトップブランドの仲間入りをした特筆すべき新興メーカー。

日本でも話題性は高く、中には歴史の浅さを懸念する人もいますが、伝統やブランドに囚われず価値判断できる方から支持されています。カナダ、アメリカ、ドイツ等、既に海外では高評価を得ているピアノです。

ファツィオリ・ジャパン(旧ピアノフォルティ)のオープニングセレモニーにて
左からパオロ・ファツィオリ氏、故中村紘子氏、アレック・ワイル氏、在日イタリア大使

ファツィオリ・ジャパンのメンバー(都内港区ファツィオリジャパンショールームにて)
右から越智氏、筆者、ワイル氏、アッテラ氏

その昔、ピティナの社会人の部(音大卒を除く)で優勝経験を持つワイル氏

ファツィオリジャパンショールームにて筆者(植田)と




三人の社長をご紹介しましたが、いずれも面識があり筆者と友好関係にある人達です。
自己(筆者)分析では、どうも自分は好きな人には入れ込む性格のようですので、第三者的にはそのあたりを少し割り引いて考える必要があるかも知れませんが。

お薦めブランド ファツィオリピアノ

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから




 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary