ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ここ20年でピアノの価格が1.5倍になっている

ヤマハやカワイの価格だけを見ているとあまり気がつかないけれど、ヨーロッパからの輸入ピアノを扱っていると毎年仕入れ価格が上がってきて、気がつけば20年前の約1.5倍ほどになっています。

たとえばスタインウェイの代表的な機種であるB-211の今の価格は¥16.742.00-(税込)になっていますが、その昔は1千万円かそれ以下で購入できた記憶があります。

これはスタインウェイに限らず純ヨーロッパ製ピアノはペトロフ等軒並み値上がりしており、売る側から見るとあまりにも高価になり過ぎて売りにくくて困っています。







日本は失われた20年とか言われ国民所得が20年前と変わりませんが、よくよく調べてみるとこれは日本だけで、諸外国はこの20年で国民所得が1.5倍になっているようですので、それで帳尻があっているようです。




無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取