ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

トップの顔が見えるピアノメーカーが安心です!

有名コンサルタントの言葉に「あらゆる組織(会社も家庭も)はトップで99%決まる」という話があります。

日本では創業者オーナーの松下幸之助さんや本田宗一郎さんが有名ですが、やはり信頼と情熱を持ったトップがいるピアノメーカーであればピアノにも信頼がおけるように考えています。

楽器業界ではローランドの創業者(故)梯郁太郎氏が有名ですが、これらのトップに共通しているのは腰が低く、現場の話も素直に聞くようで、偉そうにするという話は聞きません。

梯氏とは何度もお会いしたことがありますが、販売現場のいち女子店員の話も熱心に聞いていたのが印象に残っています。

そのような意味では、過去に輝かしい歴史を持った有名ブランドのピアノも、現在のトップがどのような人物か?でピアノの品質も随分変ってきます。

たとえば今ではスタインウェイ一族は残っておらず、今のスタインウェイのオーナーはアメリカの投資家ですし、日本のヤマハもサラリーマン社長ですが、いずれ交代する可能性のある人達です。

そのような観点から今のピアノ業界を見ると、今、自社のピアノに一番こだわりを持つ最右翼が、ファツィオリピアノの創業者パオロ・ファツィオリさんのように思います。

ファツィオリピアノの歴史はまだ短いのですが、最近の有名な国際コンクールには、ヤマハ、カワイ、スタインウェイに並んでファツィオリが登場します。

ファツィオリピアノのオーナー創業者のパオロ・ファツィオリ氏
優しい人物で人を惹きつける魅力を持っています

パオロ・ファチィオリ氏と筆者 




スタインウェイとファツィオリは、ともに最高級ピアノで同価格帯のライバルですが、スタインウェイが年産数千台に対して、ファツィオリの年間生産台数はわずか120台程ですので、当然、1台1台のピアノに対する作り込みも違ってきます。

お薦めブランド ファツィオリピアノ

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary