ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

知っておきたいピアノの生産国表示の業界ルール

業界用語でファースト・ライン、セカンド・ライン、サード・ラインという言葉がありますが、これの意味は本国で全て製造されたものがファースト・ライン、他国で半分を委託生産、本国で最終仕上げしたものがセカンド・ライン、全て他国で委託生産されたものがサード・ラインという意味でよく使われます。

本来の意味での日本製、ドイツ製はファースト・ラインですが、今ではヤマハ、カワイをはじめヨーロッパの老舗ブランドも、その多くがセカンド・ラインかサード・ラインで製造されており、今ではファースト・ラインは一部の高級ブランドか高級品に限られます。

ピアノの場合は最終組み立てをした国を生産国とする業界ルールがありますので、矛盾していますがセカンド・ラインまでが日本製、ドイツ製等の表示がされています。

ヨーロッパの老舗メーカーが委託生産している中国№3のハイルーンの広報誌
ちなみに中国で№2は杭州ヤマハになります。

中国で委託生産されたオーストリアのウェンドル&ラング
ヘタな国産ブランドよ安価ですし性能的にも魅力的です




良く調整されたウェンドルを一度ご試弾頂くと今までの概念が大きく変わることでしょう、老舗のヨーロッパブランドのグランドが150万で購入できるのも魅力です。

オーストリアの老舗ブランド ウェンドル&ラング ウォルナット、チッペンデール


お薦めブランド ウェンドル&ラング

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取