ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ブランド別の性能や音色の違いは?

ピアノにはたくさんのブランドがあり、それらのブランドに対する性能や音色の違いに興味をお持ちの方が多いようですが、これはカタログや展示ピアノを比較試弾しても必ずしも正しい判断ができるとは限りません。

YOU TUBEでもご案内しています

その理由を少しお話させていただきます

音色の違いを言葉で表現するのは難しいのですが、基本的な特性として一説では金属の響きを美しく鳴らす、或いは木の響きを美しく鳴らすという分け方があります。

金属の響きを、、という代表的なのがスタインウェイで、現代のヤマハ、カワイもこれに準じています。木の響きを、というのはベーゼンドルファー、ファツィオリ、ペトロフ等です。

但し、これは基本特性なので、丁寧に整音(ヴォイシング)をしてやると音色の印象も随分変わりますし、丁寧な調整でタッチも響き具合まで変わってきますで、ピアノをいかに演奏者の好みに仕上げるかは調律師の熱意と腕にかかっていると云えます。

ピアノという楽器は、整調・調律・整音で個々のピアノが持つタッチや音色や響きまで大きく変わる楽器です。


ピアノはイージ―オーダーの楽器です

整音(ヴォイシング)作業風景



鍵盤の鉛調整

鍵盤調整


たとえばニューヨークスタインウェイのチーフテクニシャンでホロビッツの専属調律師フランツ・モア氏、スタインウェイをホロヴィッツの希望に合わせた音色やタッチに仕上げるのに相当苦労されたと著書で述懐しています



フランツ・モア著/イーディス・シェイファー構成/中村菊子訳
『ピアノの巨匠たちとともに』(音楽之友社)より


筆者も昔、お会いしたことがあります




ピアノの調律とメンテナンス

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary