ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

ピアノはアナログ技術の塊です

デジタル技術全盛の時代ですが、その対極にあるのがアナログ技術の塊のピアノという楽器です。

木を主体にフェルト類も使われ、それらの伸縮や歪みの修正が必要です




一見時代遅れに見えるアナログ技術ですが、コピーペーストですぐに真似ができるデジタル技術に比べ、アナログ技術は奥が深く生産性も悪く、また技術を習得するには相当な熱意と年月が必要なので、体得できている調律師、特に若い調律師はほとんど育っていません。

今回の韓国への輸出厳規制が行われた超高純度の物は、実は高度なアナログ技術が必要だそうで、日本の輸出品というのは高度なアナログ技術が必要なものが多いそうですので、将来にわたって国を挙げて若いアナログ技術者を育てる必要があるようです。

高度なアナログ技術が必要な最たるものがピアノの出荷調整やメンテナンスです。

ピアノはいくら高精度な機械で加工・組み立てしても、最後は調律師の手で一つひとつ伸縮や歪みを丁寧に擦りわせ調整しないと本来の性能は発揮しません。






本来の出荷調整(Prep up)とは?

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

 

 

 

 

 

、一見時代遅れのようの

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary