ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

国産ピアノと純ヨーロッパ製ピアノの魅力の違いについて

ヨーロッパのピアノと国産ピアノの違いは何ですか?というご質問をよく頂きます。

基本構造は同じですがピアノ作りの哲学(考え方)の違いが大きいと思います。
生産効率を最大限に重視したピアノ作りが現在の国産ピアノ、楽器としての音色や響きの魅力を重視した伝統的なピアノ作りがヨーロッパ製ピアノです。

純ヨーロッパ製(全て生産工程がヨーロッパ)のピアノ作りは、生産効率が悪くローテクなピアノ作りでその分値段も高価になりますが、寿命も長く、箱全体で鳴るのでコンパクトなピアノでも魅力的な音色を奏でます。

国産ピアノは、できる限り機械化して合理化した生産工程で製作されるので、最初から完成度が高い(均一な製品)の特徴で、家づくりに例えるとプレハブ住宅とログハウスのような違いと云えばわかり易いかも知れません、つまりできるだけ職人(大工さん)の要らないピアノ作りをめざしています。

ちなみにヨーロッパから日本に輸入されるピアノの関税はゼロです。

ピアノの内部をみればその片鱗を垣間見ることができます。

純ヨーロッパ製のペトロフのアクション

ヤマハのアクション

純ヨーロッパ製のペトロフのペダル周辺

ヤマハのべダル周辺

純ヨーロッパ製のペトロフの鍵盤蓋

ヤマハの鍵盤蓋

純ヨーロッパ性のペトロフの支柱

ヤマハの支柱


ここで純ヨーロッパ製と敢えて表記したのは、今の時代は全てヨーロッパで製作されたピアノ(ファーストラインと呼ばれ少数派)と中国で半分製作されたヨーロッパ製ピアノ(セカンドラインと呼びます)全て中国で委託生産されたヨーロッパの老舗ブランド(サードライン)があるので、あえて純ヨーロッパ製のペトロフと書きました。もちろん日本製ピアノも同様の流れです。

お薦めブランド ペトロフ

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary