ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

高級グランドピアノと安価なグランドピアノの違い

弦楽器同様にピアノの基本構造はどれも同じですが、高級になれば良質な木材を十分な自然乾燥をしてから使うことができるので音色や響きが魅力的になることが高級なピアノの魅力ではないかと思います。

加えて有名ブランドはブランド料が加算され分だけ高額になります。

なかでも純ヨーロッパ製ピアノは、音色のピアノ全体で良く鳴りますので小型のピアノであっても魅力的な響きを持ち、弾き手により多彩な音色を出すことができます。
安価なピアノはその逆ということになります。

しかし、いかに高級ピアノであっても、丁寧な調整と整音なくしては表現力は劣ったピアノになりますし、その逆もあり得るのがピアノという楽器ならではの最大の特異性です。

ですから仮に安価なグランドピアノであっても丁寧な調整と演奏者の好みに整音すればそれなりの名器になりますが、この事実は意外に知られていません。

高級ピアノの代名詞 スタインウェイ GP1030万円より


最高級ピアノ ファツィオリ   GP1220万円より

ヨーロッパの伝統的な生産手法のチェコ生産されるペトロフ GP390万円より

オーストリアの老舗ブランド ウェンドル&ラング GP126万円より
中国のハイルーンで委託生産

ドイツの老舗ブランド フォイリッヒ GP144万円より
中国のハイルーンで委託生産


おすすめブランド

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから



株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary