ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

本来の意味での高級ピアノとは

高級ピアノは高品質な材料を使い、例えばスタインウェイの鍵盤はクル―ゲやラーコフの鍵盤を使い、ハンマーはレンナー、弦はレスローと云った一流部品メーカー品を使って高級という概念がわかり易いのですが、実は本物の高級ピアノというものは、目に見えない手間がかかる所も手を抜かないのが本来の高級ピアノと云えます。

ヨーロッパの高級ピアノは、メーカー自身が丁寧な調整を行った後に、鍵盤の重さを均一にするために鍵盤の重さを一鍵一鍵の測った上で鉛の位置決めをして鍵盤の重さを均一にしています。 

しかし国産の高級ピアノは高級な材料は使っても最後の詰めが甘く、メーカー自身による調整時間も限られており(高級ピアノでも8時間程度か?)、それ故に一鍵一鍵、鍵盤の鉛調整も行うことをしないで、機械的に鍵盤に鉛を埋め込んでいきますので重い鍵盤と軽い鍵盤が出てきて滑らかさに欠け弾き難くなります。

筆者の推測ですが国産メーカーの幹部がピアノの調整のことをあまり知らないからだと思います。

鍵盤には必ず鉛が埋め込まれています


国産高級ピアノは鍵盤の下に線を引いて機械的に鉛が埋め込まれています
(写真はヤマハの鍵盤の裏側)


本来の高級ピアノは、丁寧な調整をした後で、1鍵、1鍵、分銅で重さを測り、鍵盤の重さを均等にするために埋め込む鉛大きさと位置を設定します。


ご希望の方には弊社で鍵盤の鉛調整を行います

※但し丁寧に調整して初めて本来の鍵盤の重さが決まりますので、その後で鍵盤の鉛調整(ウエイト調整)をしないと意味がありません。


ですから普通のピアノ(例えばディアパソン)でも最高級ピアノのように丁寧な調整を行った上で、一鍵、一鍵、鍵盤の鉛調整まで行えば、安価なピアノでもそれなりの高級ピアノになります。

弊社で200万円未満のディアパソンを丁寧に調整した上で、鍵盤の鉛調整をした方の感想を頂いていますのご参照ください。

ディアパソンD-164Rが高級ピアノになりました!

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取