ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

基本的なメンテナンス費用はどのピアノも同じです

輸入高級ピアノも安価な中古ピアノも基本的にはメンテナンスの費用は同じです。

但しピアノは鳴れば良いとお考えの方の場合は調律費用だけですが、タッチや音色、表現力にこだわれば、定期的な調整や整音が必要で作業時間分が加算されます。

しかし1千万円のスタインウェイも50万円の中古ピアノも性能を大切に考えると、同じ手間をかける必要があるので納入後のメンテナンス費用は同じになります。

但し中古ピアノの場合、消耗部品の交換費等で高額な修理費が発生することがあります。









ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary