ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

How to choice

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

海外にピアノを送るのは梱包(荷作り)が一番大変です

日本で使っているピアノに愛着があるのでヨーロッパに送りたいけど、どうすればよいか?というご質問を時々いただきます。

新品の場合はピアノメーカーで厳重に梱包してくれますが、個人の場合はこの梱包が一番の難題で、たぶん一般のピアノ運送業者では梱包ができないように思います。

チェコのペトロフ社によりプラハ空港から空輸で大阪空港に送られてきたペトロフのグランドピアノ、ちなみに空輸の運送費は1台25万円ほど。

 



通常は、メーカーの專用の梱包でコンテナ単位で輸入します。
ヨーロッパ(ハンブルグ港)から静岡の清水港までコンテナ便で15万円ほどなので1台あたり1万円ほど(メーカー負担)



お勧めブランド ペトロフ

ピアノの性能を大切にお考えの方限定で、資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから




株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary