ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

オーストラリアから興味深いご相談をいただきました!

お勧めのフォイリッヒのピアノがオーストラリアのメルボルンのお店にあると分かったので見に行ってきました。植田様のお店でのような調整はされていないかと思いますが、タッチや音がとても好みだったのとお手頃価格なので購入しました。

試弾したときに、高い方の音の9個くらいの鍵盤が他の音に比べきーんとなるような音がするしているのでそこだけ気になっていたので・・・・

もしこのままだったら・・・と不安で、こちらで、ピアノを1から組み立てて売っているという女性がいると知り連絡してみると、regulation という作業で丸一日かかるがやっているということでした。費用は1400ドル(A$1400)ということでしたので・・・・

丸一日のregulation(調整)の費用がA$1400(日本円で10万円少々)、これがオーストラリアの一般的な料金かどうかわかりませんが、その位の金額を取る調律師もいるということに驚きました。ちなみに日本では上限で5万円ほどが相場です。

しかし良く考えてみると、日本でもグランドの調整がきちんとできる調律師がほとんど育っていないので、将来はその位の料金になる可能性があります。

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから




 

 

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取