ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

調整不足のピアノで練習してると力んだ演奏になります

本来、調整がきちんとできているピアノでは、大きな音も力むことなく無理なく出せ、小さな音も粒がそろって綺麗に出すことができます。


しかし調整が出来ていないピアノでは鍵盤からの打弦するまでのパワーロスが多く、しかも弦のスイートスポットを外して打弦する箇所が多いので演奏者の思ったような音量を出すのが難しく、ささやくような小さな音も出しづらくなり、やむなくいつも力んだ演奏になり最悪の場合、腱鞘炎になります。

なのでコンクール会場や演奏会の会場で良く調整されたピアノを弾くと、日頃の癖が出て元気の良い演奏とも云えますが、メリハリのある演奏ができないので聴く人の共感を得る演奏は困難です。

これは安価・高級に関係なく全てのピアノで云えることです。


ピアノは丁寧な調整で表現力が大きく向上します。







 


 
無料資料の詳しいご案内はこちらから

 

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取