ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

新品ピアノの狂い

 

 

ピアノを購入された際に、どれくらいの頻度でメンテナンスを入れた方が良いかという質問をよく受けます。

メンテナンスの頻度は、絶対にしなければいけないという決まりはありませんが、違和感を感じた時がメンテナンスを行なう一つの目安です。といいますのも、年に一回の方もいれば月に一回の方もいるのです。

これは使用される方の、"気になる度合い"によって頻度も異なってくるからです。また、違和感に気づかない方もいるので、その場合は最初の3年間は年に少なくとも2〜3回、3年目以降は年に2回〜とご案内しています。

ピアノは部屋の温度湿度環境や使用頻度にもよりますが、内部の部品に木材やフェルトやクロスを多く使用している為、湿気に弱く常に変化しています。
中でも新品のピアノは部品が馴染んでいない為、短期間での変化が多く、特に最初の1年はかなり変化します。

ここでいう"馴染む"というのは、どういうことかと言いますと、例えば、椅子のクッション(座布団)をイメージしてみてください。
新品のうちは厚みがありますが、毎日座っているうちにだんだん潰れてきて厚みが薄くなっていくと思います。そしてある程度のところまで圧縮されるとそれ以上は厚みが変わらなくなります。これが"馴染んだ"状態です。


ピアノの部品もフェルトやクロスが新品のうちはふっくらと厚みがありますが、使用していくうちに圧縮され厚みが薄くなってきます。
そして、それ以上圧縮しないところまできた時が馴染んだ状態です。
また、その圧縮された部分にはロス(隙間)ができるので、部品の動くタイミングが変わってきたりパワーロスにもなります。

弦も同じです。新しいうちは弦も引っ張られて伸びていき、音が下がっていきます。それが3年目にもなると伸びが止まり安定してきます。

 

 


弊社のショールームにある新品ピアノも、一度全調整を行なっていても、約1ヶ月もすればもう部品が変化しています。それをまた微調整して、変化の度に微調整を繰り返していくと次第に落ち着いてきます。この期間が約3年ほどです。

少し話が逸れますが、新品から3年経過した展示品のピアノを購入すれば、納品しても大きな変化もなく(勿論環境にもよりますが)、すぐに安定した状態で弾くことが出来るというメリットもあります。

 

前置きが長くなりましたが、今回の動画は新品ピアノを納品して約4ヶ月後の一回目のメンテナンスの様子です。

 

 

>>>ディアパソンピアノの魅力とは

 

 

1台1台丁寧な調整を心がけています

三木 淳嗣


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取