ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

調律代はいくら位が適切か?

御社の調律代はお幾らですか?というお問合せが多いのですが、調律(調弦)自体の所要時間は普通は1時間少々で完了しますので大¥15.000-前後だと思います。

しかしピアノの性能(タッチや音色、表現力)を大切に考えると、調律だけでは全く役不足です。

調律とは?

良く見るアップライトの調律シーン 

調律というものは、本来は整調・調律・整音がセットになった作業なのですが、長い間、日本では調律(調弦)だけしか行わなかったので、ピアノの調律と云えば上記の写真をイメージされると思います。

 しかし ピアノは内部に木やフェルトと云った自然素材を多用した複雑な構造を持っており、それらは伸縮や歪みが必ず出ますので、それをメンテナンス時に最適化することが必要不可欠ですが、これはどこまで正確にやるかで性能に大きな差が出ます。

その内部の歪みを技術者の手で最適化してやると、いかなるピアノ(高額、安価、新品、中古品)であれ、個々のピアノの持てる本来の性能を発揮し、その上で整音を施すと、自分の好みのタッチと音色に近づけることができます。

このような生ピアノならではの特性を、ぜひご理解いただければと切望しています。 

整調とは?

整音とは


ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取