ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

100年前のチェコ製ピアノの再生のお話  島根県松江

チェコ製ピアノ ノヴィー再生実行委員会ブログより

再生された100年前のチェコ製ピアノ
12928188_1841102389450823_7222198383096790382_n

このピアノは島根県松江市にある歴史的な建造物「旧田野医院」を松江市の重要文化財に指定するために調査した際に、見つかったのがこのピアノですが、重要文化財にあったピアノなので、さぞ価値あるピアノでないかということから、再生されることになったようです。

そこで弊社がチェコのペトロフピアノの輸入業者という関係で、昨年、松江市の地元の新聞社や再生委員会の方から、弊社にこのチェコ製の古いピアノについて調べて欲しいという相談がありました。

そこでチェコのペトロフ社に聞いたところ、このピアノメーカーKoch&Korselt社は先の大戦中にPETROF社に合併吸収されたこと、1902年に製造されたであろうことなどが判明しました。

そんな経過があり、このピアノをテーマーに作曲を依頼された地元出身で、現在は東京在住の作曲家の方から、このピアノ本来の音色を知るためにペトロフの音色を聴いてみたいというご相談があり、都内白金台のペトロフ専門店のピアノプレップをご紹介して、ピアノの音色を聴いてもらったりしました。

再生前のピアノ
detail_1501_1452651118

黒の塗装を剥がされた状態ですが、一目で良質の木材を使われているのがわかります。
%e7%84%a1%e9%a1%8c


せっかく良い木材を使っているので、大概はこのような木目に仕上げられます。
12924533_1841102439450818_4799531899620271202_n

再生されたこのピアノは、現在、国宝松江城のある公園の敷地内にある興雲閣の大広間に設置され、コンサート等に利用されています。

detail_1501_1452653155


ピアノ開きに出席されたチェコ大使館の方
detail_1501_1453138157

情報は下記の再生実行委員会のブログから流用させていただきました。詳しい情報は下記をご覧下さい。
「チェコ製ピアノ ノヴィー再生実行委員会」

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取