ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

音色に感涙してスタインウェイになりました!

長い業界歴でも、ピアノの音色に感涙してスタインウェイになったのは初めての経験です。



ご主人の退職を機に実家の岡山に帰って来られ、家も広くなったので、奥様が好きだったピアノを再開するために中古のグランドピアノを求めて弊社に来店されました。

最初は中古のグランドを試弾され、さらにそのお隣のボストンの新品を試弾されましたが、やはり中古品では何だからということで、新品のボストンにほぼ決まりました。

最後に弊社のスタッフが、ショパンの別れの曲を中古のヤマハGP、次にボストンGPの新品、最後にスタインウェイGPで、同じように別れの曲を弾きましたところ、スタインウェイでの演奏になると奥様の目に大粒の涙が出てきました。

たぶん一番びっくりしたのはご主人だったのだろうと思います。その日はボストンGPの新品にほぼ決まっていましたが、ご主人がしばらく考えるということで帰られました。

その1ヶ月後、再びご夫婦でお見えになり、開口一番、「決まりました!スタインウェイを下さい」と仰って頂きました。



このくらい音色や響きの違いを敏感に感じられる方もおられるという事に、ビックリしました。

お薦めブランド スタインウェイ

 

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取