ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

全てのピアノは、云わばセミオーダー品です!

1千万円クラスのスタインウェイであろうと安価なヤマハの中古ピアノであろうと、全てのピアノは本来、出荷前(納品前)に販売店で3日(24時間)以上を使って動的メカニズムの精度を上げるための整調が不可欠であり、納入後のメンテナンスも部屋の音響と演奏者好みのタッチや音色に仕上げていくように、調律だけでなく整調と整音を同時にやる必要があります。

つまり従来のように調律だけではなく整調・調律・整音をセットで丁寧に行う必要あります。

こうすれば同じピアノでも、セミオーダー品のように自分で誂えた独自の魅力的なピアノに仕上がっていきますが、現実には大半のピアノでこの工程が省かれています。

販売店やメーカーの幹部さえも、この整調の重要性を悪気でなく本当に知らないようで、そのためにHPの主張も「たくさんの有名ブランドのピアノを展示して、お値段もお安くします」という主張が多く、ピアノの整調・調律・整音について具体的な表記はほとんど見られません。
 
ユーザーの方々に整調とその内容、重要性と必要性をご理解いただければ、ピアノに対するこれまでの見方や扱いも変るものと期待して情報提供をさせて頂いています。

動画で詳しく解説していますで、ご覧ください。
ピアノの調律とメンテナンスについての詳しい解説 












整調の有無や違いは確認のチャンスが少ない

調律は狂っていればすぐわかると思いますが、整調の有無は、同じピアノをビフォアー、アフターで比較試弾できればすぐにわかるのですが、それには時間的な制約があり現実には困難ですので、整調の有無の違いが分かりづらいという問題があります。

整調の有無に一番気づかれるのは、実は弊社で整調したピアノに買い替えられた時です。よく整調されたピアノは、力まなくても、自然に自分の思ったような音が出せるので、今迄のピアノと自然に弾き方が大きく変わってきます。

納入後しばらくしてお客様宅にお邪魔して感想をお聞きすると「自分の演奏はパワフルと思っていたが、それは単に力んでいたことに気がついた、今度のピアノは弾き易く、自分の思ったような演奏ができるので、お蔭で自分の出す音を良く聴くようになった」というような感想を頂きます。

このように、いつも整調不良のピアノを弾いていると、知らず知らず力んで乱暴で雑な弾き方が身についてしまいますし、逆に良く整調されたピアノをいつも弾いていると、自然に丁寧で表現力豊かな演奏をするようになります。

浜松ピアノ店でピアノを選ぶメリット

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取