ピアノの性能を最大限引き出すために

Tuning & Maintenance

相性の良いピアノとの出会いのために

Choosing a piano

ピアノ日誌

Piano Diary

Home>ピアノ日誌

展示即売会の中古ピアノはなぜ安いのか?

仮に同程度のヤマハのアップライトピアノが、展示即売会では29万円8千円、他店では39万8千円だとすれば25%もの価格差がありますが、どちらがお得かは使用者の価値観で異なります。

特に絶体単価の安い20万円~30万円の中古ピアノの場合、コスト的に手間のかかる作業は極力省かれることが多くなり、外装修理や調律以外の内部の丁寧な整調や整音は期待できません。
 
新品でも同様のことが云えますが、これが使い込まれた古いピアノとなると内部の整調や整音をどこまで丁寧にやるかで、性能に大きな差が出るのが普通です。
 
ですのでピアノが鳴れば良いとお考えの方は安価の方、タッチや音色、響きの気持ち良さや表現力等の性能面に期待すれば、少し値段が高くても内部の整調や整音に良く手が入ったピアノが良い訳ですが、食べれば誰でも違いがわかる食品等と違い、ピアノの場合は自分で演奏してみないとその違いがわからないが厄介です。

新品にくらべ中古ピアノは錆び落としや部品交換等の余分な手間をかけてから、初めて整調・調律・整音に取りかかります。












古いピアノは古い分だけ機能を正常に戻すために、外装磨き以外にも内部の錆び落としや修理、部品交換等の手間がかかるので、単に古いピアノだから安価にはならないことを理解しておく必要があります。
 
中古ピアノのメリット・デメリット

当店でピアノを選ぶメリット

 

株式会社浜松ピアノ 代表取締役社長

植田 信五


ピアノ日誌Piano Diary


不要・中古ピアノ買取